フコイダンという文字を目にすることがありますが、そもそもどのような効果や特徴があるのか詳しく説明します。フコイダンは一般的な海藻類に含まれている食物繊維のことです。フコイダンという海藻ではありません。ワカメやモズクなどの海藻に多く含まれている滑り成分のことを指します。

ワカメ昆布やワカメなどはヌルヌルとしていて、その成分が美味しさの理由の一つになっています。日本人の食生活では、ヌルヌル、ネバネバとした食べ物が好まれています。その理由として挙げられているのが身体に必要なさまざまな成分が含まれていて、健康に良いということです。では、このヌルヌルとしているフコイダンは、一体どうしてワカメなどの海藻類に含まれているのか確認しておきましょう。滑りのあるところを歩くのは、どんな人でも難しいものです。ましてやフコイダンのしっかりとした滑りならば、簡単によじ登ることもできません。つまり、フコイダンは外敵から海藻を守る働きをしているのです。海藻類はフコイダンに守られていなければ、海の中でも乾燥してしまうことからバリア機能の役割を果たしていると言えます

なぜフコイダンはヌルヌルとしているのか分かったところで、その成分が医療健康食品の分野で重要視されているついても確認していきましょう。